社会貢献活動

福祉施設への再生資源の提供

クレフィール湖東では、分別したアルミ缶・スチール缶を彦根市のタンポポ作業所に寄贈しております。
また、分別収集した紙やダンボールを草津市の滋賀県社会就業振興センターに寄贈しております。
共に施設の活動資金にしていただいております。

福祉施設への材木提供

クレフィール湖東の土産物コーナーに並べられている木工製品。これは地域にある共同作業所「和楽寮」の皆さんが制作したものです。
荷物を運ぶ台車、大浴場の椅子・スノコなども作っていただいていますが、手作りならではの温かい風合いはお客様からも好評です。
工芸材料は、クレフィール湖東・裏山の間伐材を無償で提供し活用していただくなど数年来の交流が続いています。

こども交通安全教室の開催

子供の命を交通事故から守るため、クレフィール湖東では毎年4月、地域自治体や関係当局と協力して「こども交通安全教室」を開催しています。
2016年で10回目となります。

AEDの設置

クレフィール湖東では、AEDの設置をしております。

中学生・教職員の職場体験受け入れ

滋賀県教育委員会では、勤続5年目の小学校教員にインターンシップ体験をさせる取り組みを昨年よりスタートさせています。
クレフィール湖東では、これまで地元中学生の職場体験の受け入れを継続してきましたが、今回初めて小学校教員のインターンシップ受け入れを行いました。
2007年7月の5日間、2名のインターン生は、ホテルマネジメントの基本となる「客室ベッドメイク」「レストラン接客」の業務を体験し、実際にお客様にサービスを提供しました。
「教育現場とは異なる視点や価値観に触れることができた体験を、今後の教育現場で生かしていきたい」という感想をいただいています。

~ 参加者の声 ~
たとえお客様が見ていない所であっても常に笑顔で明るく勤務することの大切さを学びました。(野洲市立祇王小学校教諭)
ホテル業も教師も、人と接する仕事であることは同じ。『思いやり』『挨拶』の大切さを強く感じました。(東近江市八日市南小学校教諭)
非常時用の自動販売機

クレフィール湖東では、非常時・災害時などでライフラインが絶たれた時などに備え、緊急時飲料提供ベンダーとして写真の自動販売機を設置しております。